So-net無料ブログ作成

キレンゲショウマ [trekking]

8月5日、霧立越のキレンゲショウマを見に・・・
 
DSCF6754.JPG

 
例年ならば、もっと咲いているのだが、今年は遅いようだ。
 
DSCF6767.JPG

 
群生地もまばらだ・・・
 
DSCF6760.JPG

 
しかし美しいね!

共通テーマ:趣味・カルチャー

井原山のオオキツネノカミソリ [trekking]

7月22日、咲き始めたオオキツネノカミソリを見に
 
DSCF6674.JPG

 
脊振山系は井原山に。
 
DSCF6676.JPG

 
オオキツネノカミソリとなると、水無し登山口からだ。
 
DSCF6671.JPG

 
登山口からすぐにオオキツネノカミソリを見ることができるが、
 
やはり早かった・・・早すぎた。
 
DSCF6675.JPG

 
まだまだ、2分咲きってところか。
 
ブログにアップしている今頃が満開かな?
 
DSCF6672.JPG

 
とりあえず山頂までの折り返し、120分の山歩きだった。
 
帰りに柳川ひまわり園で、こちらは満開のひまわりを楽しんで家路に着いた。
 
DSCF6669.JPG

 
しかし暑い日が続くね・・・


共通テーマ:趣味・カルチャー

大浪池のマンサク [trekking]

大浪池のマンサクは咲いているかな?
 
少し早いかな?と思いながら行ってきた。
 
「えびの高原ビジターセンター→硫黄山→韓国岳→大浪池周回→えびの高原ビジターセンター」 
 
ガスガスで韓国岳からの展望もなく・・・
 
山頂で1時間ほど待ったがガスは切れず。
 
一瞬、大浪池が見えた。
 
DSCF5054.JPG

 
苦手な階段を大浪池まで下り、西周りに池を一周した。
 
目的のマンサクは、少しだけ・・・
 
ほんの少しだけ咲いていた。
 
DSCF5070.JPG

 
注意していないと見逃してしまうくらい。
 
少しでも咲いててよかった!
 
それと、帰りにようやくガスがとれ、新燃岳、高千穂峰の定番の写真が撮れたから、それで満足!
 
P3190005.JPG

 
見ごろは4月頭かな?
 
DSCF5079.JPG

 
小さく可憐な花だね。
 


共通テーマ:趣味・カルチャー

宝満山 [trekking]

2月25日(土)太宰府の宝満山へ行ってきた。
 
福岡県で一番登られてる山らしい?
 
確かに人はいっぱい!
 
九重並みだよ!
 
私にとっては初めての三郡山系。
 
初めてなので、一般的な竈門神社から登る正面道を選んだ。
 
1488362840195.jpg
 
竈門神社の境内をぬけ、上写真奥の石段が登山口になる。
 
途中、車道を歩くが、ほぼ石段を登ることになる…話には聞いていたが、石段、階段の登山道は嫌なんだよな~。
 
IMG_20170225_205946_664.jpg
 
↑ひたすらこんな感じ(汗)。
 
↓中の宮?あたりで一息いれて、
 
2017_0225_11140700.jpg
 
また石段歩き。
 
最後の最後も…
 
2017_0225_11311100.jpg
 
石段!
 
これを上がれば、山頂。
 
2017_0225_11360500.jpg
 
登山口から70分。
 
そんなに広くない山頂に、たくさんの登山者がいた。
 
人気の山なんだ~?
 
山頂からの眺めはいいし、手軽だし、三郡山まで縦走もできるし、ルートも沢山あって、
色んな歩き方ができる…わかるような気がする。
 
2017_0225_12332000.jpg
 
帰りは石段を避けて、行者道で下山。
 
山頂での休憩いれて、往復2時間30分の行程。


大幡山界隈 [trekking]

大幡前山から膳棚を眺めよう・・・・
 
ひなもりオートキャンプ場ゲートに着いたのが8時。
 
と同時にキャンプ場の方が現れゲートオープンかと思いきや・・・
 
「凍結して(アイスバーン)危険です。歩いては行けますが・・・」
 
DSC_0098.JPG

 
しょうがない。
 
ゲート前の駐車スペースに駐車し、車道~林道を歩くこと1時間弱、ようやく登山口。
 
DSCF4608.JPG

 
林道にもうっすらと雪が積もっていたが、本格的に登山道に入ると10センチほどの積雪。
 
DSCF4613.JPG

 
さらに高度を上げると徐々に深くなり・・・
 
DSCF4660.JPG

 
サラサラの新雪でアイゼンは要らないが20センチほど。
 
DSCF4657.JPG

 
吹き溜まりでは30センチほどの積雪。
 
けっこう体力使って、大幡池到着。
 
DSCF4634.JPG

 
池の向うに韓国岳!
 
池の畔をぐるりと周って展望所に登り上がる。
 
青々とした大幡池が美しい、その後ろには丸岡山と夷守岳。
 
DSCF4674.JPG

 
左には韓国岳と甑岳。
 
DSCF4681.JPG

 
後ろには矢岳とその奥に、カッコいいね~高千穂峰。
 
DSCF4697.JPG

 
左には、大幡前山。
 
DSCF4682.JPG

 
大幡前山・・・は、今日はいいかな(汗)。
 
また今度。
 
晴天の雪山と絶景にすっかり満足してしまった!
 
それと・・・
 
DSCF4671.JPG

 
早く縦走できるように新燃岳が治まらないかな~。

高千穂峰 初日の出 [trekking]

スマホからのテスト投稿…うまくいくかな?
 
今年の元日、高千穂峰に御来光登山に行ってきた!
 
高千穂河原に車中泊し、4時30分登山口発。
 
IMG_20170114_194651.jpg
山頂には6時に着いたが、すでに多くのギャラリー。
 
山頂直下から御鉢方面を見下ろすと、登山者のヘッドライトの列が続いていた。
 
すごい数の人出、予想以上だ。
 
IMG_20170114_194840.jpg
 
寒さに震えながら待つと、西の空がしらみだし、周りが明るくなり…
 
IMG_20170114_194944.jpg
7時すぎ…
 
IMG_20170114_195035.jpg
最高の初日の出でした!
 
今年もいい年になりますように。


親父山、障子岳、黒岳、三尖、周回・・・1 [trekking]

忘れないうちに記しておこう。
 
11月3日、親父山→障子岳→黒岳→三尖を周回してきた。
 
DSCF3992.JPG

 
祖母山系である。
 
私がホームグランドとしている脊梁の山と比べ、山が活きている!
 
DSCF3999.JPG

 
足下にはスズタケが繁り
 
DSCF4009.JPG

 
木々はイキイキとして
 
DSCF4016.JPG

 
美しい・・・脊梁も美しいのだが、祖母・傾が森が濃い!
 
少しの寂しさを感じながら、登ること80分で親父山山頂。
 
DSCF4032.JPG

 
次に目指す障子岳が木々の間から見える。
 
DSCF4034.JPG

 
しかし今日は寒い!
 
心折れそうだ(汗)。

大船山・・・下山 [trekking]

もうね・・・歳はとりたくないよ(涙)。
 
下山でまさかの道間違いだよ(迷ったんじゃないよ)。
 

 
紅葉と予想外の大雲海の絶景に、山頂で1時間近く過ごしてしまった。
 
そろそろ下山せねば・・・
 
下りは先ず、段原へ向かう。
 
DSCF3864.JPG

 
段原から山頂を振り返ると、 
 
DSCF3860.JPG

 
いい眺めだ・・・
 
ここから北大船へ向かうはずが、米窪へ行ってしまった・・・
 

 
予定では、北大船 → 大戸越 → ソババツケ→ 風穴→ 前セリ → 今水登山口。
 
この「ソババツケ → 風穴」が今回のポイントとなる。
 
上記を歩いたことのある人なら「ソババツケ → 風穴」がどういうルートかお分かりと思う。
 
道というより岩場、岩の上を歩く、そんな感じ。
 

 
米窪の縁を避けたかったのは、ミヤマキリシマの枝が痛い!
 
Tシャツだったらケガするし、高級アウトドアブランドの服も傷みかねないから(ホントに)。
 
でもしょうがない・・・
 
DSCF3870.JPG

 
私のウエアはすでにボロボロだから、気にせずすすむ。
 
段原から20分で風穴への分岐。
 
DSCF3875.JPG

 
ここから風穴(米窪分岐)まで70分の急降下・・・苦にはならない。
 
見上げれば紅葉。
 
DSCF3922.JPG

 
足下には落葉。
 
DSCF3886.JPG

 
美しい!
 
と思っていると・・・ガスの中へ入って行く。
 
DSCF3907.JPG

 
ほどなく、米窪分岐。 
 
DSCF3918.JPG

 
あとは前セリから登山口のはずが・・・
 
米窪分岐を過ぎた辺りからの黒岳南面は城の石垣のように綺麗だ。
 
DSCF3919.JPG

 
上画像では分かりづらいか・・・
 
ルートを外れ、この城壁(勝手にこう呼んでる)にそって歩いていたら、上峠の方へ歩いてしまっていた。
 
上峠へのルートは岩場を歩く。
 
そう、ソババツケから風穴を歩いているかのよう(少し上峠方面が険しいが)。
 
当初「ソババツケ → 風穴」を歩く予定だったから、ルート間違えてるのに違和感が半減している(汗)。
 
ルートを進むにつれ、ぐんぐん登っていく・・・あれ?これおかしい?
 
間違ったな(焦)。
 
上峠まで行っても今水登山口まで戻っては来れると思うのだが・・・
 
今日はガスガスだしホント迷ったらいけないし、来た道を慎重に探しながらもとに戻って、
 
今水登山口に無事到着!
 
久しぶりにちょっと焦った(冷汗)。
 
 
いい歳だし冷静に慎重に!改めて思った、紅葉山歩きだった(滝汗)。
 
DSCF3843.JPG

 
終わり。

大船山 [trekking]

九重は大好きなのだが、休日の人の多さには閉口してしまう。
 
今、大船山の御池の紅葉が見頃で当然沢山の人出が予想される。
 
なので今日、金曜日・・・年休とって行ってきた。
 
本当なら、今夜は坊がつるにテン泊の予定だったが、予報では天気が怪しい・・・
 
日帰りにした。
 
でもテン泊用に食料買っていたので、前夜に今水登山口に入って、一人車中宴!
 
DSCF3928.JPG

 
のはずが、疲れでそのまま入眠。
 
3時、雨の音で目が覚める・・・やっぱりか~
 
いつの間にかまた寝ていた。
 
6時、雨は上がっていたが、どんよりと雲が低く垂れこめ、今にも降り出しそう。
 
レインウェアを着こんで7時出発。
 
駐車場から林道を歩き、今水登山口からとりつく。
 
DSCF3924.JPG

 
いきなり高度を上げて行くが、つづれ折りながらなので、さほどきつくはない。
 
登山道はガスの中・・・
 
DSCF3801.JPG

 
幻想的だ・・・
 
約1時間で「前セリ」。
 
DSCF3803.JPG

 
ここから大船山東尾根・・・山頂直下までひたすら上り続けなければならない。
 
DSCF3921.JPG

 
上画像で左手が東尾根、右が風穴(帰りはこっちから)となる。
 
もくもくと秋の登山道を登る・・・
 
DSCF3808.JPG

 
「前セリ」を過ぎたあたりから雨が降り出し、カメラも仕舞う。
 
「前セリ」から一気にほぼ休みなく山頂直下まで登る。
 
やがて傾斜も緩やかになり・・・御池の縁に出る・・・そして
 
ここで雨が止む!
 
御池はどうかな・・・?
 
DSCF3846.JPG

 
見ごろ!
 
山頂踏んで
 
DSCF3824.JPG

 
段原もいい感じに色づいてる。
 
DSCF3835.JPG

 
 
紅葉も素晴らしかったが・・・雲海が!!
 
DSCF3829.JPG

 
由布岳。
 
DSCF3855.JPG

 
祖母・傾。
 
DSCF3856.JPG

 
阿蘇。
 
山頂で1時間近く過ごしてしまった・・・
 
さて、そろそろ下ろ・・・つづく。
 

山犬切 [trekking]

大好きな脊梁の山へ行ってきた。 
 
震災以来、地元熊本の山から足が遠のいていたし・・・
 
行きたくて行きたくて、しょうがなかった。
 
やっと・・・2月の白髪岳以来の脊梁!
 
行先は、この時期大群生のトリカブトが咲く山犬切。
 
石楠越登山口から
 
DSCF3633.JPG

 
石楠越
 
DSCF3559.JPG

 
南山犬切
 
DSCF3576.JPG

 
七遍巡り
 
DSCF3580.JPG

 
トリカブト大群生地
 
DSCF3587.JPG

 
北山犬切を往復してきた。
 
DSCF3605.JPG

 
約6時間の山歩き・・・
 
しかし、やっぱり脊梁の山はいい!
 
静かで
 
DSCF3631.JPG

 
森は美しく
 
DSCF3571.JPG

 
巨木が素晴らしい!
 
DSCF3598.JPG

 
何度も何度も歩きたくなる!
 
また行こう、そうしよう。
 
 
紅葉も少し始まっていた。
 
DSCF3623.JPG

 
これから益々美しくなるよ!